日本とバングラデシュをつなぐ

経験豊富な信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


マッチングニュース

日本の中小アパレル企業様向けのバングラデシュ輸出入サポートを強化しています。 日本の中小アパレル企業様向けのバングラデシュ輸出入サポートを強化しています。

現在、コロナ禍と急激な円高の中で日本のアパレル業界も苦難の時期を迎えていると思います。 同時に日本だけでなく、この新型コロナ感染症の影響は世界経済にも広がっています。 すでに「世界第二の縫製大国」となったバングラデシュは、その基幹産業を「アパレル」と銘打っています。 しかし情報不足の為、まだまだ大企業しかバングラデシュ縫製業界への進出に成功していません。 バングラデシュは決して大企業しか歓迎していない訳でなく、その縫製インフラは諸外国の様々な注文に対応しています。 私達は、日本の中小縫製業界の皆様へバングラデシュとの貿易の扉を開けたいと思います。 まだ見ぬバングラデシュのアパレル縫製業界へご案内します。

バングラデシュにおけるODA案件に関してのサポート バングラデシュにおけるODA案件に関してのサポート

      日本からバングラデシュへのODA(政府開発援助)案件がとても多くなっております。 しかしバングラデシュの現地事情に精通した日本人人材が少なく、情報収集に苦慮されている方も多いのが確かです。 その状況を鑑み、当方は下記のサポートでODA案件のスムーズな履行に寄与します。 現地通訳派遣 バングラデシュ人材の紹介および派遣 バングラデシュ現地パートナー会社紹介 日本人駐在員滞在サポート レンタカーサービス バングラデシュ赴任前講習 … more

バングラデシュにて安全ベスト・反射ベストの製作を始めました。 バングラデシュにて安全ベスト・反射ベストの製作を始めました。

バングラデシュにて「安全ベスト」「反射ベスト」製作を始めました。 安全ベストは工事現場や各種工場内で必須のアイテムです。 ご関心のある方はご連絡ください。    

View all

今日の 新聞より

バングラデシュではスマートフォン普及率が50%に迫っています。 バングラデシュではスマートフォン普及率が50%に迫っています。

2022年5月25日 バングラデシュでも新型コロナウイルスの大流行によりスマートフォンなどのデバイスを使用して仕事、研究、娯楽を見つけるため使用が急加速しているため、バングラデシュ国内でのスマートフォンの普及率は50%に近づいています。 新型コロナウイルス流行前は国内の携帯電話ユーザーの38%程度がスマートデバイスを持っていました。 現在、それは48パーセントに立っています。 「スマートフォンの現地製造に税制上の優遇措置を提供した2017〜2018会計年度以来、スマートフォンの普及率を大幅に向上させてきました。現地製造のおかげで、スマートフォンの価格が大幅に下がり、より多くの人がスマートデバイスを購入できるようになりました。」と、テレコム大臣のムスタファ・ジャバー大臣は報道陣に話しました。 現在、スマートフォンの輸入には約58%の関税がかかりますが、現地で組み立てられ製造された携帯電話には約15%の税金しかかかりません。 2018年度以降、バングラデシュにスマートフォン関連の14工場が設立され、約16,000人の雇用が創出されています。 そして別の4工場が製造パイプラインにあります。 昨年度のバングラデシュ現地生産台数は2600万台で、スマートフォンが42%を占めています。 業界関係者によると、スマートフォンの普及率が高まったもう1つの大きな要因は、新型コロナパンデミックです。 2020年3月から2022年3月まで、モバイルネットワーク事業者は1800万人の新規インターネットユーザーを獲得し、加入者の総数は1億1390万人になりました。 パンデミック発生前は、バングラデシュで最初に4Gを立ち上げたオペレーターであるRobiAxiataでは顧客の約半数がスマートフォンを持っていました。 … more

バングラデシュは今後もアパレル既製品のホットスポットであり続けます。 バングラデシュは今後もアパレル既製品のホットスポットであり続けます。

2022年5月11日 バングラデシュのアパレル業界は、過去数年間に生産設備を大幅に改善し、様々な規制を順守しているため、今後も変わらず既製品の優先調達先として存在するだろうと、国際的な衣料品小売業者とブランド関係者は昨日述べ話しました。 2013年4月に首都ダッカ郊外にある縫製工場ビル、ラナプラザが崩壊して以来、バングラデシュの職場の安全と規制の遵守は大幅に改善されたと外国のバイヤーは評価しています。 その結果、小売業者やブランドは、特に新型コロナウイルス蔓延の状況が改善され、地元のアパレルセクターもその強みを証明しているため、作業注文の量が増えています。 「バングラデシュは当社にとって最も重要な調達先です」と、ダッカで開催された第12回バングラデシュデニムエキスポのオブザーバーであるスウェーデンの小売大手H&M社のバングラデシュ、パキスタン、エチオピアの地域責任者は話しました。 「バングラデシュは、職場の安全、コンプライアンス、製品の多様化の点で進むべき方向に進んでいます。今後10年間で1,000億ドルの衣料品を輸出することが可能です。バングラデシュは私たちにとって非常に重要なサプライ市場です。私たちは今後もここにとどまります」と彼は言い、現在H&M社はバングラデシュ国内300の縫製工場からアパレル製品を調達していると付け加えました。 5年前、バングラデシュはまったく異なる状況にありました。 しかし今、状況は大きく改善したと彼は言い、今後5年間でここから調達する品目の量を11パーセント増やすと付け加えました。 詳しい記事はこちら

世界的な低成長見通しにもかかわらず、バングラデシュの輸出状況は急成長しています。 世界的な低成長見通しにもかかわらず、バングラデシュの輸出状況は急成長しています。

2022年5月10日 バングラデシュからの商品輸出による収益は、衣服、家庭用繊維、履物の出荷量の増加に支えられて、4月に前年比51.18%増の47.3億ドルに達した、と公式の数字が昨日示しました。 ロシア・ウクライナ戦争から生じる世界的な不確実性の持続、サプライチェーンの混乱の引きずり、およびより高いインフレ圧力にもかかわらず、輸出収入のより高い流れは続いています。 実際、バングラデシュからの輸出は9月以来目覚ましい成長を遂げており、コロナウイルスパンデミックの落ち着きに伴い西欧諸国の需要が回復したため、バングラデシュの歴史上初めて月間収入が40億ドルを超えました。 12月の収益は過去最高の49億ドルに達し、その後の数か月も勢いが続きました。 輸出促進局(EPB)のデータによると、今会計年度の最初の10か月である7月から4月の間に、収益は前年比35.14%増の433.4億ドルになりました。 世界的な新型コロナウイルス蔓延状況の改善に伴い、世界のアパレルサプライチェーンも急速に回復しています。 その結果、バングラデシュからの輸出はより速いペースで成長しています。 7月から4月にかけて、国の輸出の約85%を占めるアパレルの出荷量は35.98%増加して353.6億ドルになりました。 その合計のうち、192億4000万ドルはニットウェアの出荷から37.49%増加し、161.1億ドルは織物の出荷から34.23%増加しました。 他の多くの生産国が需要の回復に対応するのに苦労しているため、国際的な衣料品小売業者やブランドがバングラデシュに群がって注文を出しているため、アパレルの出荷が急増しました。 注文は、中国、インド、パキスタン、ベトナム、スリランカ、ミャンマー、エチオピアからバングラデシュに移り、生産コストが上昇しています。 … more

View all

バングラデシュは御社のビジネスの可能性を拡げます。
バングラデシュビジネスサポートサイトでは日本企業のバングラデシュ進出を応援します。

南アジアの小国バングラデシュ。「緑地に日の丸」の国旗は少なからず記憶の片隅にある方も多いのではないでしょうか?

北海道の2倍にも満たない面積の中に、日本を超える1億6400万人にも及ぶ人口。この世界最高と言われる人口密度は長らくバングラデシュ経済の成長の足かせになっていました。

しかし90年代より急速に広まったIT化の波は世界との距離をより近いものとし、それと共にこの世界最高の人口密度は「世界最高の人的資源の宝庫」という様変わりを見せています。
昨今、人件費の上昇傾向が話題に上がる他のアジア各国に比べ、未だバングラデシュの労働力は安価であり、また青年層主体の人口ピラミッドに表わされるように将来的にも安定した供給が予想されます。

加えて他の南アジア諸国同様、英語話者が数多く存在する事もバングラデシュの大きな魅力でしょう。

「ネクストチャイナはどこか?」、数多くの経済人が議論しています。米大手投資銀行ゴールドマン・サックスは「BRICS」に次ぐ急成長が見込まれる国家群「NEXT11」の一つにバングラデシュを選びました。

まだ見ぬバングラデシュの魅力に、あなたも触れてみませんか?

最後に、我が機構の活動に共感、賛同して頂いたバングラデシュ工業省ディリップ・ボルワ工業大臣、バングラデシュ商業省常務委員会アブル・カシム委員長、ならびに現首相顧問トーフィック・イ・イラヒ・チョウドリ氏に多大な感謝を申し上げます。